審美歯科とは何か

歯にはその働きが有効に発揮するのみならず、美意識という側面も備えられています。審美歯科とは、歯並びや歯の白さを整えて、美しい口の中にすることに目を向けた診療をする歯科です。また、白い歯は清潔、健康などの良い印象を持たれがちです。審美歯科では、黄色くなった歯やヤニの付いた歯を、きれいで白い歯にすることが可能です。

原則として、保険診療は病気やケガを治すのが役目のため、ホワイトニングや、口腔に金属をはめこんだり、色変わりしにくい素材を使用するといった、歯の美しさを回復させるための治療の大部分は保険の対象外であり、自由診療となります。

日本において、保険を使う同じ治療は、どの病院で受診しても治療費は変わりません。しかし、自由診療のケースでは、治療費は病院が任意で決めるものなので、同じ治療を受けても各病院で費用が違います。このため、オフィスホワイトニングを受ける際には、病院ごとの治療費を比較することも大切です。そして、施術スタッフの知識の豊富さ、技術力の高さなども重要です。日本歯科審美学会認定のホワイトニングコーディネーターという資格のある歯科衛生士が在籍している審美歯科での治療であれば比較的安心で安全な治療を受けられるでしょう。

ホワイトニングコーディネーターはホワイトニングに対する十分な知識・技術を所有していることを証明する、「日本歯科審美学会(Japan Academy of Esthetic Dentistry)」が行う認定制度です。ホワイトニングの治療は一般の歯科衛生士が担当することも可能ですが、安心・安全の治療を受けるために、ぜひホワイトニングコーディネーターのいる審美歯科での治療をオススメいたします。

また、すべての歯にホワイトニングをする場合や、前歯のような人から見られやすい部分だけおこなう場合でも費用が変わってきます。初回限定の割引を実施していたり、ホームページでクーポンを配信したりしている病院もあるため、お得な方法を探してみるのもいいでしょう。